肌の乾燥を防ぐ保湿テクニック

冬になるとどんなにケアしていても肌が乾燥してしまい肌荒れの原因になってしまう辛い季節ですが、実は日々のスキンケアを間違えているとどんなに保湿を頑張っても効果が出ていないことがあります。
せっかく良いスキンケア商品を使っていても使い方を誤って効果を発揮できていないのではもったいないです。

 

まず基本的なこととして、洗顔のし過ぎが乾燥の原因になります。
朝・夜の1日2回の洗顔は普通の回数のように思えますが、冬の時期は朝は水洗いだけでも十分だと言われており、しっかり朝まで洗顔してしまうと必要な皮脂まで洗い流してしまい乾燥の原因となってしまうので、30度くらいのぬるま湯で軽くすすぐだけにすると肌のつっぱりなどが改善されることがあります。また顔を拭くときは摩擦が起きないように優しく押さえるだけにすることもポイントです。

 

また化粧水はただ付けるのではなく、肌に浸透するように押し込むことが大切です。特に手のひらの人肌で温めて付けると浸透力も向上します。最後に必ず乳液やクリームを付けて保湿した肌に蓋をします。この時もしっかりと手のひらで温めてから押し込むことがコツです。
洗い過ぎによる乾燥を防ぐことと、洗顔後の保湿は肌に浸透させるように1つ1つ丁寧に行うことで肌への浸透力が変わりますので、意識することが大切です。