アレルギー体質でもプロテオグリカン美容液は使用出来る?


プロテオグリカンには水分保持効果があるので、クッションとなって、皮ふや軟骨などをサポートできますし、細胞と細胞のすきまに入り込み、細胞の再生や増殖を促す作用もあります。
膝の関節をスムーズに動かすなどの目的のためにサプリメントで摂取している方は多いですが、アンチエイジングのために利用したいなら『プロテオグリカン化粧品』を使うようにしましょう。

EGF様作用が期待出来る

プロテオグリカンの美容液を肌に使うと、EGF様作用を期待することができます。
EGFとは上皮成長因子のことで、新しい皮膚の生成を促せるので美肌には欠かせないものですが、徐々に減少していくので、年齢が高くなるにつれ、肌の老化が目立つようになるのはそのためです。
プロテオグリカンにはEGFと似た働きをする作用があるので、美容液を塗ると、細胞の受容体が新しい肌細胞を生み出しやすくなり、綺麗な肌がよみがえりやすくなります。

プルプル肌作りにおすすめ

肌にハリや弾力を与えたり、うるおいを保つのに欠かせない、ヒアルロン酸とコラーゲンの生成を促す働きもあるので、プルプルした肌を取り戻したいときに役立ちます。
抗炎症作用もあると考えられているので、強い紫外線を浴びたことによるシミや色素沈着を予防したり、改善するためのサポートが出来ます。
年齢が高くなってもハリや弾力がある、みずみずしい肌をキープしたい女性にはおすすめの成分ですが、アレルギー体質なので使うのが心配という方もあるかも知れませんね。

魚アレルギーや甲殻アレルギーの人は注意

プロテオグリカンの主な原料は鮭の頭部の軟骨ですから、鮭にアレルギーを持つ人が使用すると、何らかの副作用を発症する恐れもあります。
サプリメントのように口に入れていないから大丈夫とは思わず、配合されている原料にアレルギーがあるときは勝手に自分で判断するのはやめて、かかりつけ医に相談した方が良いでしょう。

 

使用前はパッチテストをしてからがベター

安全のことを考えるなら、美容液を塗る前にパッチテストをすると良いので、アレルギーが気になる人は、皮膚に付けても何の異常もないとわかってから使うようにしてください。
プロテオグリカンは基本的には、もともと人間が体内に持っている成分なので、この成分自体が肌に影響を与える心配はありません。
副作用の報告も特にないので、もし何らかの肌トラブルが起こった場合は、一緒に含まれている他の成分に問題がある可能性があります。
美容液のパッケージに表示されている成分のすべてに目を通し、自分の肌に合わない成分が含まれていたら、その商品は使わないようにしましょう。